みんなちがって みんないい


  先年、ある講演会で、かねてより願っていた、
 酒井大岳老師のお話を拝聴する機会に恵まれました。
 酒井老師は、その中で次の詩を紹介されていました。

   「 私と小鳥と鈴と 」
              金子みすゞ

   私が両手をひろげても、
   お空はちっとも飛べないが
   飛べる小鳥は私のやうに、
   地面を速くは走れない。
   私がからだをゆすっても、
   きれいな音は出ないけど、
   あの鳴る鈴は私のやうに
   たくさんな唄は知らないよ。
   鈴と、小鳥と、それから私、
   みんなちがって、みんないい。

  この詩は、鈴と小鳥と私と、それぞれの特色の中に生きている
 すばらしさを歌いあげています。
  仏教では、修証義に「無上菩提を演説する師にあわんには、
 種姓を観ずることなかれ」とありますように、平等の教えを説いてい
 ます。では、全く平等かというと、そうともいえません。

  昔、お釈迦さまのお弟子の中に、王族の髪を結っていた床屋が
 いました。
  ある日のこと、この床屋に髪を結わせていた王族が、
 お釈迦さまの弟子になろうとしてやってきました。
 弟子入りを許された王族は、教団に入る儀式として、
 先輩上席者の足をいただいて礼拝して廻りました。
 ところが、この王族が、以前髪を結わせていた床屋のところまで
 来たところ、王族は、「私は彼の主人でした。
 私は、彼の足だけは拝することができません」と、
 お釈迦さまにいいました。
 お釈迦さまは、「生死を越えた求道者には、階級の差別などありは
 しない。出家人の儀式は、この人間平等の根底にたちながらも、
 古参上席者への礼として、先輩たる上席者を礼拝しなくてはいけない。
 驕慢の心を捨てよ」と、ついに王族の新弟子に、床屋の足を拝させた
 というおはなしがあります。

  カースト制の身分階級の厳しかった当時のインドにおいて、カースト制の
 階級を越えた、お釈迦さまの仏教教団は、まさに革命的でした。
 しかしながら、この革新的な平等を教えるお釈迦さまは、平等の中にまた、
 厳然たる秩序のあることも教えておられます。

  私たちは時々、一方を追求することに熱心なあまり、他方がおろそかに
 なり、結果的に偏った物の見方をしてしまうことがあります。
 「仏教は中道の教え」といいますが、どれか一つのものに執着した、
 とらわれの心は、捨てさらねばなりません。
  「鈴と、小鳥と、それから私、
  みんなちがって、みんないい。」
 この観点を、しっかりと味わってゆきたいものです。