家具用語辞典 木材図鑑 家具木工資料館

(複数の単語を半角スペースで区切って
絞込み検索ができます。)
制作 : 府中家具工業協同組合

▼ 家具・木工用語辞典 収録用語数:1023語

【い】行に現在登録されている用語は次のとおりです。
  21 - 30 ( 36 件中 ) 


いとのこぎり 糸鋸
弦掛鋸の一種で、糸のように細い鋸の歯を半円形の金具枠の両端に取り付けたもの。板の中を切り抜くときや、曲線状に板を切るときなどに用いる。

いぬまき 犬槙
マキ科の常緑針葉樹で、本州中部から沖縄までの暖地に自生。また、台湾や中国にも分布。建築材、土木材、器具材に用いる。水湿や白蟻に強く、保存性・耐虫性に優れた材。クサマキとも言う。

いぶき 伊吹
ヒノキ科ビャクシン属の常緑針葉樹。木質は重硬で、粘りがある。大きくなったものは彫刻材や床柱などに利用される。 古くは伊吹柏槇(イブキビャクシン)と称していたが、現在は略してイブキ又はビャクシンと言う。変種にカイズカイブキ(貝塚伊吹)があるが、その区分は見分けにくく、自然に生えたものがイブキで、植栽したものがカイズカイブキと考えた方が良い。

イペ ipe
アマゾン川流域に分布するノウゼンカズラ科の広葉樹。耐水性、防虫性に優れるので建築用の構造材、フローリング、ウッドデッキ、枕木などに用いられる。 タベブイア、ラパチョ、イペタバコとも呼ばれる。

いぼたろう 疣蝋
モクセイ科のいぼたの樹に寄生するイボタロウ虫の分泌物を加熱溶解して作った蝋(ロウ)。古くから和家具の表面仕上げなどに用いられた。

いもつぎ 芋継ぎ
平面に対して直角に平滑に取り付ける単純な接合法。平継ぎ又は単に「いも」ともいう。芋留、芋矧ぎも同じ。

いりかわ 入り皮
若木の時に、何かにより樹皮が傷ついてめくれ上がり、その部分を巻き込むように成長すると、製材した時に、茶色く変色したりミミズのような跡に見えるもの。

いれこめんとりかんな 入子面取鉋
一つの鉋台に2挺の鉋刃を仕込み、幅広い複雑な刳形の面を削るための鉋。

イロコ iroko
アフリカ産のクワ科の広葉樹。産地によりオドム、ムブル、カンバラ、バン、モレイラ、テュレ 、インテュレなどと呼ばれる。また、材がチーク材に似るので商品名でアフリカンチーク、ナイジェリアンチークとも呼ばれる。

いろり 囲炉裏
部屋の床を四角く切って炉をつくり、火を燃やして暖をとったり煮たきをしたりする所。



  21 - 30 ( 36 件中 ) 

   【PR】 こだわりの家具と木製雑貨の府中家具.com  【PR】 DIY・木工素材の通信販売 / 銘木ショップ