我 以 外 皆 我 師


 故吉川英治氏は、『宮本武蔵』や『新平家物語』で著名な
作家ですが、亡くなる二年前の昭和三十五年、文化勲章を
受章されました。その授賞式の朝、このような句を詠まれて
います。

 菊の日や もう一度紺がすり 着てみたし

「日本の中で、ほんのわずかの人しか貰うことのできない最高の
栄誉をいただくことになったけれど、自分はそんな立派な勲章を
もらえるような人間ではない。それなのにもったいないことだ。
ここで威張ってはいけない。そり返ってはいけない。
今こそもう一度、あの紺がすりの着物を着て勉強した書生時代の
気持ちになって、勉強しなければ……。」
という謙虚な気持ちから詠まれた句だそうです。

 この吉川氏が作品にとりあげられた宮本武蔵は、
「我以外皆我師」という言葉を残しています。自分以外の、
人でも物でも皆、自分に何かを教えてくれる先生だという意味です。
 私達は皆、この世に生を受けるときには、言葉も何も知らない
純粋な心で生まれてきます。そして、親から、友達から、学校の
先生から、自然から、いろいろなことを吸収し学んで成長してきます。
ところが、いつのまにか「学ぶ心」を忘れ、人の未熟さが気にかかる
ようになってはいないでしょうか。

 無住禅師のお言葉に
 「人をそしりては、我が身の失を かえりみる、
これ人を鏡とする心なり」
というお言葉があります。人のあやまちというものは目につきやすい
ものですが、そのあやまちを非難する時でさえ、形こそ違え自分も
同じようなあやまちを犯してはいないか、と自分自身への反省を
忘れてはならないという戒めなのでしょう。人のあやまちはよく分かる
ものですが、自分自身のあやまちというものはなかなか見えない
ものです。それだけに、もし自分のあやまちに気がついたときには、
よくよく根が深いのではないかと考えてみなくてはならないのです。

 このように謙虚に反省し、向上してゆくところに人生修行の道が
あるわけですが、仏教における究極の目標は、この世に生きる間に
「仏さま」と同じような心に到達することなのです。その目標について
道元禅師は、次のようにおっしゃっておられます。
「仏となるにいとやすきみちあり、 もろもろの悪をつくらず、
生死に著するこころなく、一切衆生のために、あはれみを
ふかくして、かみをうやまひ、しもをあはれみ、 
よろずをいとふこころなく、ねがふこころなく、
心におもふことなく、うれふることなき、
これを仏となづく。またほかにたづぬるこ となかれ。」(正法眼蔵)