能満寺
(住所) 広島県福山市西町1丁目20〜3

(本尊) 聖観世音菩薩

(開創)治承四年、高倉上皇勅願寺
     開創以来 約800年

(御詠歌)
 あじきなき みをすててこそ あの世まで
  仏の光り あきらかにせめ  
( 由 来 )
当寺の開創は遠く、平安朝の末期、平家の全盛である
治承四年。高倉上皇の勅願寺と伝う。
当寺は真言宗松熊山常興寺と称し、現福山城のある
城山にあったが、健仁二年、杉原伯耆守光平が
備後守護職となり芦田八尾山城によって以来、
子孫代々この寺を菩提寺となした。
能満寺の紋章の剣巴は杉原家の紋である。

元和元年、水野勝成公が福山城を新築するに際し、
常興寺を東北艮の方向に移し表鬼門の守護寺とし(元胎蔵寺)、
能満寺を西南未申の方向に移し裏鬼門の守護寺となした。
当時城下にいまだ寺なく、よって福山城下における
最古の寺という歴史を有している。

芦田川の二度にわたる大水害により大きな被害を
受けたことは惜しんで余りある。

周辺地図