道元禅師は、鎌倉時代の初頭、正治2年(1200)道元禅師物語_01
1月2日、京都の宇治でお生まれになりました。
幼少時の名前は、文殊丸(もんじゅまる)。
 父は、天皇家の流れをくむ名門貴族、内大臣
久我通親(こがみちちか)。母は、藤原基房
(ふじわらもとふさ)の娘、伊子(いし) 。


道元禅師物語_02 道元禅師の母、伊子は絶世の美女といわれ、
16歳で木曾義仲の側室となりましたが、義仲の死後は、
久我通親のもとへ側室として入るという、時代の荒波に
翻弄された女性でした。道元禅師物語_03
道元禅師物語_04
 名門貴族の家に生まれ、また幼くしてその才能のきらめきを
あらわした、幼い道元禅師ではありましたが、わずか8歳の時、
最愛の母、伊子に死別することになります。
 この時、亡き母にたむける香の煙が立ち上るのを見て、
世の無常を感じ出家を決意されたとされています。
道元禅師物語_05
道元禅師物語_06
 4歳にして漢詩を、7歳の時に『春秋左氏伝』、9歳で
『倶舎論(くしゃろん)』を読んだといわれる道元禅師は、
母の死後、次第に仏教に惹かれる思いを増し、
13歳の時、とうとう母方の叔父、三井寺の良観法眼を
頼って、比叡山横川(よかわ)の
首楞厳院(しゅりょうごんいん)に入りました。
道元禅師物語_07