「明るく、親切に」を理念として地域精神科医療を提供して参ります

府中市立湯が丘病院

入院の手続き

 

◆ 外来診察の結果、医師が入院治療が必要であると判断した

 場合に入院をお勧めします。できるだけ、治療を受けられる

 方の病状について詳しい方を同伴してご来院ください。

 

◆ 入院時には「入院願」等の書類にご記入いただくようにな

 りますので印鑑(本人、保護者、保証人)をお持ち下さい。

 

◆ 当院での入院形態には次の3つがあります。

 

  ○ 任意入院  (患者さん本人の同意に基づく入院)

  ○ 医療保護入院(患者さん本人の同意が得られない時に

           保護者の同意により入院となる場合)

  ○ 措置入院  (県知事等の権限により、自傷他害の

           おそれがある患者を入院させる場合)

 

 ただし、「措置入院」については警察等との連携で行われる入院の形態であり通常は任意入院か  医療保護入院のどちらかの入院形態になります。

 

◆ なお入院に際して「精神保健及び精神障害者福祉に関する

 法律」により、患者さんが治療を受ける際の援助や財産の保

 護など、医療に協力していただく「保護者」を入院される方

 につけるよう規定されています。未成年者の親、後見人、配

 偶者のどなたかがいらっしゃる場合はその方が、いずれにも

 該当されない場合は家庭裁判所が保護者を選任することにな

 ります。 (医療保護入院になる場合には必要となります)

 

保護者選任時の必要書類(詳細は必要時にご説明いたします)

 

 ア 保護者選任申し立て書・診断書(当院又は裁判所にあります

                   診断書作成料1050円を頂きます)

 イ 保護者意見陳述書(当院又は裁判所にあります)

 ウ 患者さまの戸籍謄本(もしくは全部事項証明) (市町村で発行)

 エ 保護者の戸籍謄本(もしくは全部事項証明)(市町村で発行)

 オ 収入印紙800円〜2000円(選任の種別により異なる)

                    書類は1通づつ必要です

 

入院費用について

 

  入院料・食事料については健康保険法等の算定により計算

 しております。

  請求書については当月分を翌月の10日頃に「診療費明細

 書」として発送いたしますのでご確認のうえ病院窓口でお支

 払いください。

  なお、1ヶ月のお支払い金額が高額となる入院費用につい

 ては「高額療養費限度額適用認定証」の申請をおすすめしま

 す。これを病院窓口で提示されると、入院費の請求額が少な

 くなる場合があります。

 この制度については

     国民健康保険の方は 市町村の保険窓口へ

     社会保険の方は もよりの社会保険事務局へ

                  お問い合わせください

 

諸実費預かり金について

 

  ここでいう「諸実費」とは、電気器具使用料、テレホンカード、オムツ

 代、日用品代(院内には現在は売店がありません)などで、入院中に最低

 限必要な物品購入等に必要な費用のことです。当院では、この最低限必要

 な物品等を円滑にご用意できるように、任意の金額を事務室窓口にてお預

 かりするシステム(これを「諸実費預かり金」と呼んでいます)を採用し

 ております。なお、当院では現在のところ取扱いの手数料等についてはい

 ただいておりません。

  お預かりしているお金の使用状況については入院された病棟のナースス

 テーションにて預かり金残高明細書を発行いたします。なお、預かり金に

 ついては請求書を発行いたしませんので、残高が不足にならないように事

 務室窓口にお預けください。原則として退院時には残高の精算をし、返金

 させていただきます。

 (なお、急な退院の場合等では、後日の精算となることがございます)

 

入院時に必要なもの

 

 ■ 洗面用具 洗面器、歯ブラシ、歯磨き粉、タオル、石鹸(石鹸入れ)

        プラスチックコップ、電気カミソリ、シャンプー 等

 ■ 衣  類 普段着・下着 上下各2〜3枚 ねまき2枚 程度

 ■ そ    他 ティッシュ、サンダル(上履き)衣料洗剤、生理用品等

 ※ 持ち物にはお名前を記入し、貴重品はできるだけお持ち帰り下さい。

 ※ 刃物(果物ナイフ、針、はさみ等)、マッチ・ライター、お酒 等

  については持ち込みをお断りしています。

 ★ 入院について必要なものは入院される病棟により多少異なりますの

  で、詳しくは病棟職員にお尋ねください。

 

面会・通信について

 

 ◆ 面会時間は原則として 午前10時〜午後4時までの間です。

  (但し、お昼の12時〜12時30分までの間は昼食時間のために

   面会をお断りすることがございますのでご了承ください。)

 ◆ 各病棟には公衆電話があり、院内から自由に電話を使用すること

  ができます。病院への電話については、緊急時を除き、午前9時〜

  午後5時までの時間にご用件をお伝えいただきますようお願いいた

  します。

 ★ なお、病状の悪化もしくは治療効果を妨げると医師が判断した場

  合、面会や電話の制限を一時的におこなうことがあります。

 

売店について

 

  病院内に売店はございませんが、毎月第二・第四の水曜日に食堂前

 で売店が開かれます。ジュース・タバコについては院内の自動販売機

 をご利用ください。

入院診療のご案内

このページの先頭へもどる
テキスト ボックス: 限度額認定証解説ページはこちら