特定非営利活動法人日本宇宙少年団備後ローズスター分団
研修施設

「夢想学舎」 使用規約


(趣旨)

第一条 この規約は、別に定めるものを除くほか、研修施設「夢想学舎」の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第二条   この規約において「夢想学舎」とは、集会、活動、研修会等に使用する「ログハウス」とその附帯「プレハブ2棟」の施設をいう。

(目的)

第三条 「夢想学舎(以下集会施設という。)」は分団の活動に使用する外、分団員やその家族及び分団リーダーとその家族の福利厚生に活用するものとする。

(使用)

第四条    集会施設は、設置の目的を達成するため必要な研修・実習活動、会議等の各種行事に使用する。

  2 代表理事は、前項の規定による使用に支障のない範囲において、集会施設をリーダー・分団員及びその家族の使用に供することができる。

(使用の制限)

第五条   次の各号の一に該当するときは、集会施設を使用することができない。

 (1) 公の秩序を乱すおそれがあると認めるとき。

 (2) 集会施設の管理上支障があると認めるとき。

 (3) 前2号に掲げるもののほか、代表理事が使用を不適当と認めるとき。

(使用の申請)

第六条 集会施設を使用しようとする者は、代表理事に申請し、許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、また同様とする。

(管理協力費)

第七条 集会施設の使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、別表に定める管理協力費を前納しなければならない。ただし、代表理事は、特別の理由があると認めるときは、管理協力費を後納させることができる。

(管理協力費の減免)

第八条   代表理事は、特別の理由があると認めるときは、管理協力費の全部又は一部を減免することができる。

 

(管理協力費の還付)

第九条 既に納めた管理協力費は還付しない。ただし、代表理事が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(設備の変更禁止)

第十条 使用者は、集会施設に特別の設備をし、又は変更を加えてはならない。ただし、あらかじめ代表理事の許可を受けたときは、この限りではない。

(使用許可の取消し等)

第十一条 次の各号の一に該当するときは、代表理事は、使用の許可を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止することができる。

 (1) 許可を受けた目的以外に集会施設を使用し、又は使用の権利を転貸したとき。

   (2) 災害その他の事故により集会施設の使用ができなくなったとき。

   (3) 本分団が緊急に使用しなければならなくなったとき。

   (4) この規約、この規約に基づく規則又は代表理事の指示に違反したとき。

(原状回復)

第十二条 使用者は、使用を終了したときは、直ちに設備を原状に回復しなければならない。前条の規定により使用の許可を取り消され、又は使用を制限され、若しくは停止されたときも、また同様とする。

(損害賠償)

第十三条 使用者は、使用に際し集会施設に損害を与えた場合には、代表理事が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、代表理事が、やむを得ない理由があると認めるときは、賠償額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第十四条 この規約の施行に関し必要な事項は、代表理事が定める。

 附 則

(施行期日)

  1 この規約は、平成18年4月1日から施行する。

 

別表(管理協力費)

施設区分

 半  日

 1  日

一泊二日

二泊以上

夢想学舎

1000円 2000円 3000円

1000円づつ加算

備考

1 使用時間に満たない場合であっても、使用区分ごとの管理協力費とする。

2 使用時間の区分を超える場合は、長時間区分の管理協力費とする。

3 電気、水、灯油以外の日用品等は使用者が持参すること。