「ISS:国際宇宙ステーションの撮影」

2007年10月6日

福山市南小学校校庭

児玉英夫 リーダ


10月6日には日本海上空を飛ぶISSを撮影しました。
黄色の太陽電池パドルと白く輝く居住区の
見える角度が変わっていくのが分かります。
見え始めは韓国の西、見え終わりは北海道付近で、
ISSはわずか3分で日本海を縦断しました。
ISSまでの距離は最も近いところで531km、
ISSの大きさは100メートル足らずです。