「ISS:国際宇宙ステーションの撮影」

2007年10月3日

福山市南小学校校庭

児玉英夫 リーダ


国際宇宙ステーションの拡大撮影をしてみたら
結構太陽電池パネルなどが写っていたので
JAXAに投稿しました。
http://iss.jaxa.jp/iss/map/issgallery0710.html
撮影データはそちらを参照してください。

大きさは木星ぐらいでしたから、追尾さえできれば
団員の皆さんが自作したKT−5cm50倍でも、形が
見えるはずですが、動きが速いので追いかけるのは
かなりむづかしいと思います。
裸眼では金星のように明るいので出現時刻さえ正確に
分かっていれば、簡単に見られます。
カメラを三脚に固定していれば、軌跡も簡単に写ります。
フラッシュは光らないようにして撮影してください。

いつ見えるかの情報はJAXAの下記のところにあります。
http://kibo.tksc.jaxa.jp/
さらに詳しいデータは下記のページに観測地の緯度と軽度を
打ち込んで「計算」をクリックすれば10日分が出てきます。
http://kibo.tksc.jaxa.jp/letsview/visibility1/index.html

ちなみに南小学校は緯度+34.5度、経度+133.3度で
国土地理院の地図検索サービスで、地図の上をクリックすれば
緯度経度が分かります。
http://watchizu.gsi.go.jp/