金星を望遠鏡で見よう

児玉 英夫 リーダー


Venus
金星


今、西の空に一番星を見つけたら、
去年の12月に作った望遠鏡を向けてみましょう。
3月に太陽投影板を付けた人は、
蝶ナットをゆるめて、投影板の部分を取り外して見てください。

金星が欠けているのが見えますか?
天体望遠鏡で天頂プリズムなしで見れば、
上下左右が逆に見えていますから、左上が照らされていると思います。
本当は右下に沈んだ太陽に、金星の右下が照らされているのです。

金星はこれからだんだん大きく、更に欠けて見えます。
その予報は藤井旭の天文年鑑の82、83ページに載っています。

金星は6月8日にはついに、太陽の前を通過します。
その予報は天文年鑑の42、43ページに載っています。