水星の写真

児玉 英夫 リーダー


Mercury&Venus
水星と金星
Five planets
木星・土星・
火星・
金星・水星
この画像をクリックすると
大きな画像(52K、79K)に
なります。


水星は太陽の近くにいるのでなかなか見るチャンスはありませんが、
3月29日には太陽の東側に最も離れた位置に来ました。
(東方最大離角)。福山市の真ん中にある中央公園でも見られました。

松本和久リーダーの美しい写真にはかないませんが
福山市の街明かりの中でも見えるという参考に送ります。

夕方7時頃水星が西空に見えていたので、
撮影しようと思ってカメラをセットしていたら、
そのうちに薄雲の中に入ってしまいました。

水星は見えていませんでしたが、広い範囲の写る
対角魚眼レンズ(対角線に写っている範囲が180度)で
東から昇ってくる木星も入れて、7時15分頃撮影しました。
月も薄雲に覆われていました。
このレンズでは地平線が円に写ります。
(画像 five planets)

7時20分頃、水星が雲から出てきたところを
今度は標準レンズ(焦点距離50ミリ)で撮影しました。
水星は肉眼でも見えていました。(画像 Mercury & Venus)

2枚ともカメラは三脚で固定し、絞りはF2.8です。
自動露出で30秒程度の露出でした。
フィルムの感度はISO400を準備していなかったのでISO100です.

金星の東方最大離角は翌日の3月30日でした。
藤井旭の天文年鑑の25ページにその様子が出ています。