2012年度 第7回(通算111回)
「晩秋の星空:天地明察」
日  時 2012年11月10日(土)18:00〜21:00
テ ー マ 「晩秋の星空:天地明察」
現在、映画館で「天地明察」(原作:冲方丁)を上映していますが、今回の活動は「天地明察」大会です。
「北極出地」:北極星の高さを測って、その土地の緯度を算出します。
また、北極星のまわりを星が1時間に回る角度を測ります。
測定用の器具は各自で工夫し作り、持ってきて下さい。
また、リーダの望遠鏡や、自分の望遠鏡(あれば)で木星の衛星の動きをスケッチします。
場  所 久松台公民館
日  程
18:00〜18:20 受付
18:30〜19:00 開会行事と説明、
各自で作ってきた測定器の披露
19:00〜20:30 晩秋の星空の観察
・北極星の高度の測定
・北極星の周りをまわる星の位置を記録(1回目)
・木星の衛星の位置をスケッチ(1回目)
・北極星の周りをまわる星の位置を記録(2回目)
・木星の衛星の位置をスケッチ(2回目)
・スケッチや測定結果の発表
・リーダによる補足説明
20:40〜21:00 後片づけ、感想文、閉会行事
目  的
@ 星の動きを学ぶ
A 特徴ある晩秋の星について学ぶ
B 晩秋の星空に見える「星座」を観察する
C 望遠鏡の使い方に慣れる
内  容
(1) 星座の動きを追うことができる
(2) 望遠鏡を扱うことができる
(3) 月や惑星を見る
参加申込
締め切り
10月27日(土)
参 加 費 100円(保険料金に充当)
服  装 自由(寒さ対策を忘れずに)
持 参 物 自作の測定器具(当日までに作れなかった場合には、リーダ製作の器具を借りて測定)
望遠鏡(あれば)
筆記用具、飲み物など
担 当 者 児玉、金尾、辻本、藤田
そ の 他
測定器具の製作について 手持ちの望遠鏡があれば、それを利用してもかまいません。
分度器は100円ショップにも売っています。
糸とおもり等を使って、できるだけ正確に測定できるものを工夫して下さい。
事前に測定の練習をしておくとよいでしょう。
木星の衛星の動きについて 望遠鏡を持っている人は、事前に木星の衛星の動きを何日か継続してスケッチし、当日発表して下さい。
夕食は済ませてご参加ください