2009年度 第12回活動
「一年の振り返り」
「水ロケット・モデルロケットの製作 試射」
感想文


TANAKA AITO


2010.3.28
今回の「水ロケット・モデルロケットの製作 試射」をしてみて 水ロケットは75mと よくとんだけど 定点では19.8mと ちかくによせられませんでした
それにモデルロケットも射ち上げはうまく行ったけれど 中に入れていた物がどっかに行ってしまって とてもざんねんでした。
愛登の母

水ロケットを作りたい、打ち上げたい というのがローズスター分団に入った きっかけでした。
入団して4年目になりますが、なかなか日程があわず、2回目の参加となりました。
飛び込みで作ったロケットは レインボー号
小雨の中、頑張ってとんでくれました。
だんの上ひろ明

水ロケットを作って ぼくは、名前をつけました。「はりかある はちごう」とつけました。そのつぎにカレーを食べて おいしかったです。やさいも おいしかったので おかわりが したかったです。
平井

つくるのは、たいへんでしたが うちあげるのは たのしかったです
モデルロケットは、こわれたので じぶんでつくりたいです
小林匠冶

 今日の、水ロケットとモデルロケットの打ち上げは、前から楽しみにしていました。
 今日は、モデルロケットの製作はおこなわず 水ロケットだけを製作しました。分団内での中国大会の予選ということもあり、大会と同じキットを使って作りました。今までとはちがうキットでしたが、作り方はほとんど以前と同じで 思ったよりは みやすかったです。
日の丸や「NIPPON」という文字も入れて完成。製作を終え、カレーを食べました。
 いよいよ水ロケットとモデルロケットの打ち上げ。まず、水ロケットのきょりからしました。自分の最高記録は95mで、とてもうれしかったです。次に定点をして最高は10.3mでした。
 水ロケットの競技が終わるとモデルロケットの打ち上げ。色々なロケットがあり、とても楽しかったです。
 この1年間とても楽しかったです。来年もできるだけたくさんの行事に参加していきたいです。
小林洋介

 午前中に製作したペットボトルロケットを使って 午後から「距離」と「定点」の2種目で競技しましたが、目標が分かりやすく設定されていたため 子どもたちは 皆 楽しむことができたと思います。
 ノーズコーンやフィンの組み付けの精度(中心がきちんとでているかなど)によって 飛び方が大きく変わることも よく分かりました。また、風が少し強かったことなどで 逆に いろいろ工夫することができ、有意義に活動できました。
 今年度の活動は きょうで最後ですが、来年度の活動も楽しみにして できるだけ参加していきたいと思います。(今年度はあまり参加できなかったので…)
石田拓生

3/18(日)
今日は、水ロケットを作りました。
でも自分は、元々作ってた水ロケットを ただ直しただけでした。
(他のみんなは作ってるんだけど…)
で、実際に打ち上げました。
今日は、定点と飛距離の二種類をしました。
まず、距離! これはこれで、けっこういいように飛びましたが、先たん部分が へちゃげたりしました。
ちなみに、圧力や角度は、圧力は6、角度は1回目 45° 2回目 40°、2回目の40°の方が けっこう とびました。では、先たん部分を ちょちょいと変えれば、上手く飛べると思うとリーダー達がいってたので、そこを直せば 上手く飛べると信じています。
石田偲桜

3/28(日)
今日は、「水ロケット」を作りました
いつもと、少〜しちがいました。そして…、
とっても上手にできましたっ
ま〜っすぐにちゃんと飛んでいくのデス
記録はというと、「きょり」最高記録 90
「定点」最高記録
そして、なんとなんと、定点では1位になりましたっ
きょりでは お兄ちゃんに、1m差で負けてしまいました(泣)
でも、とってもキレイにスバラシク飛べて、良かったです(喜バンザーイ
とってもうれしく、楽しい一日でしたっ
石田ゆの

きょうは たのしかったです
カレーが おいしかったです
かあさんが こなかったです
      
石田拓生・偲桜・悠乃の父

今日は久しぶりの手作りロケットの作成、打上げで、父子ともども 楽しみに来ました。
あいにく小雨がパラつくこともありましたが、子ども達のロケットも順調に飛び上がり、十分楽しんでいたように思います。
やはり野外活動は、特に楽しいようです。
今後も、また 宜しくお願い致します。