2009年度 第10回活動
ものづくり「日時計を作る」
感想文


宮澤武聖

今日、日時計を造って いろいろな注意点に気をつけてつくらないと 1つくるうと全てくるってしまう、また、いざつかおうと思っても 雨ではつかえないことが分かりました。さっそく家でつかってみようと思います。
ありがとうございました。
山口優

ひどけいづくりに さんかして うれしかったよ。
たのしかったことは、じかんが はかれることだよ。
おうちにかえって やってみるね
やまぐちまほ

ひどけいづくりに さんかして、うれしかったよ。
山口優の母

ものづくり「日時計を作る」に参加して
「日時計」と聞いた事はありますが、実際に見た事、作る機会もなかったため、とても興味がわき、楽しみにしていました。
事前に 緯度、経度を調べて下さって、準備もして下さっていた中で、参加する側としては、楽しく工作…という気持ちで、有がたく思います。
正しく時間も計れ、自宅でも活用したいと思います。
今回もお世話になり、ありがとうございました。
また次回も楽しみにしています。
樽谷英賢

日時計も正確に一つ一つ作らないと、正確に時間がはかれないことが わかりました
うるう年の話がおもしろかったです。
楽しかったです。
樽谷和佳乃

「日時計」
はじめて、YACにさんかしました。
日時計を作る時、まん中にあなをあけたり はさみでまるく切ったりする時 ちょっとむずかしかったです。でも、日時計を作って 外で日時計で何時何分か見たら ちゃんと時間があっていたから すごいなと思いました。
また、やっくに行きたいです。
樽谷暁光

「日時計」
今日,ぼくは日時計を作りました。
最初に,時間がどのように決められたのかという説明が1時間くらいありました。ぼくが知らない事がたくさんあって,すごいなと思いました。次に,日時計をつくりました。日時計にもいろいろな種類があって,こま時計という日時計もある事がわかりました。今日 いろいろな事がわかって,ためになったなと思いました。
TANAKA AITO

YAC 2010.1.24(日)
今日の、活どうで、日時計を作りました。
それに 、なつ、あき、:一年の間 使える日時計も作りました。
このときに30メートルちがうだけで けいどが1秒ちがってくるというのを はじめてしりました。それから原子時計はセシウム133のしんどうを利用しているのと、どうして、2月が28日なのかというのも、知りました。またプレアデス星だんが月にかくされる プレアデスしょくもしりました。よゆうがあったら、みてみたいです。こん度の活動のせっけん作りもたのしみです。とてもたのしかったです。またこんど みなさんといっしょにやりましょう。
石田偲桜

1/24(日)
今日、日時計を作りました。
位置を調節したり、紙を切ったりするのが、ムズかしかたです…。でも、最終的に、上手くできました
日時計で、時間を見ました。
ちゃんと、見れたので、少しうれしかったです。家に持って帰って 家でも、ためしてみます。
とっても楽しかったです
   
石田拓生

1/24(日)
今日は、日時計を作りました。
その作る前に、時の事を知る というのがあり、その内容が分かったり、分からんかったりと、あい昧で、あやふやな感じでした。
で、本題の日時計は、
まぁ、作り方は簡単なんですが、そのせっ置やらなんやら、と、少し面倒なこともあった けど、完成して、日に向けたら、ちゃんと上手く時間が合っていました。これを家でも使っていきたいです。
ゆの

おにごっこを やりました
とけいも やりました
平井

切ったり、はったりするのは たいへんだけど できました
平井友梨

今日は 日時計をつくりました。平均太陽年と平均恒星年は ほぼ同じで どちらも整数で表すと365日、だから1年は365日があると分かりました。月の暦には、「ユリウス暦」や「グレゴリオ暦」といったりするのもあり、今 私達が使っているのは グレゴリオ暦というのだということも知りました。8月の名前の由来となった2000年前のローマ皇帝アウグストゥスが、自分の誕生月が小の月だったので不満として、大の月にし、2月からまた1日とって28日となったので、少し2月がかわいそうに思えたりもしました。
日時計を見て、昔の人は天体や太陽影などを利用して時刻をはかっていたし、それが何より正確ですごいと思いました。
今日作った日時計は、頑張れば家でもつくれそうなので、また、家でもつくってみようと思いました。
   
平井

8月の名前の由来、1週間がなぜ月・火・水・木・金・土・日か など、知る事が出来、おもしろかったです。
日や時間は、形でないものなので、実感というものがあまりありませんが、昔から 1ヶ月が31日・うるう年など作られていて、すごいなと思いました。
日時計は、見た事ありますが、自分で作った時計で見ると、改めて感動してしまいました。楽しかったです。ありがとうございました。
岡森由香里

今の日時計作りは、一つ一つをていねいに作っていって作るのがわかった。
また、見たときは、ちゃんとあわせて 一びょうでもちがうとずれるのが すごくわかった
太陽でさいご ためしたとき ちゃんと 4時まえになったので かんどうした
岡森吉宏

僕は、今回の事業で、”時”という物を知る事ができました。
今まで何げなく、何も考えずに過ごしてきた時間、その時間という物は、ものすごく奥が深く 驚くことばかりでした。
その中で、僕が1番驚いたことは、”月”を決めるのに、ものすごくいろんな決め方があったという事です。太陰暦や、太陰太陽暦など、いろいろな暦を作り、試行錯誤していった結果、いまグレゴリオ暦を使っています。このように、暦にもいろんな暦があるという事を 今日、知れてよかったです。
もっと”時”について考えてみたいです。
木村すみ人

日時計のいろいろなことがわかったし 日時計を作ることは難しく、父さんにも手伝ってもらいました。
これを作った紀元前2000年頃の人たちは すごいもちぬしと あらためてしりました。
木村仁

「日時計を作る」
今回は、時間の事をいろいろ知り 大変勉強になりました。
現代はデジタルの時代なので 日時計という自然の中での時間というものを再確認できて、大変おもしろかったです。
ありがとうございます。
Guest

きょう ぼくは ままと ひどけいを つくりました。
きるところが たのしかったです。
ありがとうございました。
Guest

家では、絶対にできないけれど スタッフの方に助けていただき、なんとか完成しました。
私も主人も学生時代は、完全に文系で 理系は苦手なので、色々 教えていただいて とてもうれしいです。
これからも よろしくお願い致します。
Guest

<たのしかったです>
Guest

本日は、見学ということで 初めて参加させていただきました。
前段の時間についてのお話が、(月、火、水、木… のこととか。)
面白い内容でした。(6才の息子には、難しかったようですが...。)
ありがとうございました