2007年度第2回(通算43回)
「夏の星空の観察」
日  時 2007年5月19日(土)17:00〜21:00
テーマ

「自作望遠鏡を使って月を見る」

場  所 「久松台公民館」
日  程
16:30〜17:00 受け付け
17:00〜17:30 開会行事
17:30〜18:30 望遠鏡の使い方、天体観測の仕方等の学習
18:30〜19:00 夕食・休憩
19:00〜20:30 天体観測(月・惑星の観察)
20:30〜21:00 感想文を書く、閉会行事
21:00〜      解散
目  的
(1) 自作望遠鏡を使う。
(2) 春の星座に親しむとともに、「光害」などの環境について知る。
(3) 天文年鑑などで天体観測の仕方を学ぶ。
(4) 大型望遠鏡で月・惑星を観測する。
内  容
(1) 一番星(金星)を見つけよう。
(2) 水星を見よう。
(3) 三日月と地球照を見よう。
(4) 西空に並んだ水星・月・金星を撮影しよう。
(5) 天文現象情報
・8月13日:ペルセウス座流星群
・8月28日:皆既月食
(6) 「空環境」について知る。
参加申し込み
締め切り
5月5日(土)
参 加 費 100円(1名につき)
持 参 物 夕食、飲み物、天体望遠鏡(自作を含む)、天文年鑑、筆記用具。
服  装 野外観測になります。防寒、防虫などを考慮ください。
その他
(1) 自作望遠鏡をお持ちでない方で、製作を希望される分団員は、児玉英夫リーダーまでお申し込みください。
(2) 解散後、土星の撮影を希望される方はお残り下さい。(デジカメ、普通のカメラ、ビデオに対応します。)
担 当 者 児玉、金尾、清水、辻本、松本和