2006年度 第5回活動
「宿泊活動」で力をつけよう
感想文


西田真悟

2日間の夢想学舎での活動で衛星「だいち」のペーパークラフトを作っていき、こまかい作業が多くて、完成までいきませんでした。少さい所はおれそうでした。
今回は太陽など光にあたると止まるセンサーのものを作ってゆき、こんなものできるのかと他の人と話しました。
そのあとでバーベキューをして、小さい竹の中に入ったろうそくに火のついたものを円にしてならべゲームをし、そのあとで次の日用にしかけに虫とりわなをしかけました。わなのえさはパイナップルで、少しもったいない気もしました。
次の日えさを見て1匹もおらず残念でした。
ヒコーキタワーからの音でラジオ体操してもどって第2をしました。
火薬ヒコーキを作って、けっこうまちがえたりそこを手伝ってもらいました。リーダーさんたちのおかげでなんとかできました。
飛ばすときつめる紙をつめすぎてパラシュートが開かなかったのが残念でした。
けっこう楽しい宿泊でした。
西田剛

 2日間の合宿には、スタッフ・リーダーさんをはじめ、準備、企画等 色々と大変、お世話になりまして有難とうございました。
工作も、少しむずかしかったですが、おもしろかったです。
ロケットのパラシュートは残念ながら開きませんでしたが、空高く飛び上がり感動しました。夜にしかけた、パイナップルに昆虫がかからなかったのが残念です。
大変 お疲れさまでした。
今後もよろしくお願いします。
小曳むすこ

今日、豊松中学校のグラウンドで火楽ロケットを飛ばしました。
ぼくは、自分のロケットがパラシュートがひらかないとか、うまく発射しないとか考えてたけど、飛ばしてみるとうまいぐあいに飛びました。
その後ロケットを 見ると 上のトンガリぼうしみたいなところがとれました。もっとしっかりやっとけばよかったと思いました。しょう来、火楽ロケットを飛ばすめん計をとりたいです。
小曳雄洋

人工衛星「大地」のペーパークラフト作成は非常にむずかしく、思うように キレイに 仕上がらなかった。残念である。
光追尾装置は 思ったより よく出来たと思う。ただ、ボリウムの調整がうまくできず、光の感度の違いを調整できなかった。
火薬ロケットは、製作の上でむずかしい所もあったが なんとか成功した。パラシュートがうまく開くとは信じられなかったが、実際に 上空で開いたときには驚いた。
いつものことであるが、リーダーの皆さんには大変お世話になった。今後も参加させていただくつもりであるが、できるだけの協力はさせていただこうと思う。
小林匠冶

今日は、むしあつい日でした。始めてのモデルロケットが作れてうれしかったです。
半分から前とうしろがバランスよくやるのが時間かかりましたけどうまく行きました。
昼ごはんをたべてグランドにいって、とばしました。
ぼくがとばしてパラシュートがひらくかなと思いました。ひらいてくれました。パラシュートがひらかないのもあってどうしてかなと思いました。
小林修

僕は、今日(20日)一日限りの活動をしました。
 午前中に、悪戦苦闘しながら火薬ロケット作りをしました。尾よくの位置をミスったり、弾頭(編者註:ロケット先端の「ノーズコーン」のことと思われる)をうまく作れなかったりなどしました。でもなんとかロケットは完成して、ほっとしました。
昼食の流しそうめんと焼き飯は、とてもおいしかったため、腹がパンパンになりました。
車でグラウンドまで移動し、いよいよ打ち上げを開始しました。
 スタンバイが完了し、ドキドキしながらカウントダウン。「5、4、3、2、1、発射。」とともに、「シューーーーーーーーーーッ!!」という音をたてながら、ロケットは大空へ飛び出しました。上空でポッと煙をあげ、パラシュートが開いたとき、「よかった〜。」と思いました。
風に流されて、思っていたほどきれいには着地できませんでしたが、機体に損傷はありませんでした。(中はまっくろで、くさかった)
 今回は水ロケットとは違う味わいがありました。
小林洋介

 今回の活動は 2日めだけの参加でしたが、「モデルロケット」は初めての 経験 ということもあり、楽しい1日を過ごすことができました。
親として 子どもの手伝いをなるべくせず、子ども主体で製作させようと最初は心がけていたものの、次第に 私の方が熱中してしまいました(悪いくせが また 出てしまいました‥‥)。
午後からの打ち上げも「ペットボトルロケット」とは違う迫力で ほぼ真上に上昇していくのが ロケット らしかったと思います。
ペットボトルロケットとは異なり、紙だけで作られているものがすごい速さで上がっていくのも興味深いものがありました。
願わくば、もう少し 取り扱いが 簡単(ライセンス不要)であればもっとよいと思いますが、こればかりは安全上などの問題から無理でしょうね。
夏休みの宿題に追われている子どもたちも 今日ばかりは それを忘れて、楽しく 有意義な1日を送れたのではないかと思います。
ありがとうございました。
田頭美き

火薬ロケットをとばしました。
火薬ロケットは、高くとんで雲とまちがえたり鳥とまちがえたりしました。風にふかれたりしました。
高くとんでうれしかったです。
平田孝兵

1日目
大ちのもけいをつくってそのあとにぎあぼっくすをつくりました。
だいちのもけいは、こまかなパーツをボンドでくっつけてどだいにはりつけました。
さいごにちきゅうをつくってそのうえにだいちをのせてかんせいです。
つぎにギアボックスをつくりました。
ギアボックスは、ねじやモーターをつかってくみたてていきました。
そして鉄にあながあいているのにセンサーをつくりました。
そしてそれをとかしてくっつけました。
それでおわりです。

2日目
きょうはかやくロケットをつくりました。
はじめにつつをつくって そこにはねやさきをつけてつくりました。
ひるごはんは、そうめんでした。
そしてためたあと火薬ロケットをとばしにいきました。
ぼくのは、さいごらへんにうちました。
でもはらシュートがじょうずにでませんでした。
でもたのしかったです
平田拓巳

きのうのよるバーベキューとむしとりのしかけをしたよ。
ひをかこんで おどったのも たのしかったよ。
きょう、ラジオたいそうを 2かい したよ。
1かいは やまのおくで かぶとむしの しかけを とりにいくとき やまのてっぺんから きこえてきたよ。
おひるごはんは そうめんながしだったよ。たのしかったよ。
平田香奈

8/19 今日、私は、1:00ぐらいに来ました。でも、1:15分から、つくりたかったので、いそいでならい事をして帰ってすぐお父さんにここにつれて来てもらいました。つくったあと、うごかすと、うごかないときがあってなおすのがたいへんでした。夜、バーベキューをして、ササエを食べました。しっぽみたいなところがすごくにがかったのでお母さんにあげました。ほかに、夜のゲームや虫をとるためにパイナップルをしかけました。一番下の弟はパイナップルのことをメロンと言っていました。ねる前は、数字の1〜10までと漢字の一〜十までをみんなでからだでやりました。私はねむたかったのではやくねました。でも、みんな、私よりおそくまでおきていて、ねるのがたいへんだったけどぐっすりねむれました。あさは5:00すぎにおきました。ねた、ねぶくろをかたずけて山にかぶとむしなどをいるか見に行くとぜんぜんいませんでした。(がっくり!)ラジオ体操をして、そうじをして、あさご飯でパンを食べて、ロケットを作って ロケットを作るのはややこしかったです。でもロケットをとばしに行って、うまくパラシュートがひらいたのでよかったです。ログハウスにも家族や友達とかととまりたいです。
まさ人

だいちのモケイをつくりました。
全部つくれなかったので、かなしかったです。
次に、ギアボックスをつくりました。
部品が、いろいろあって、むづかしかったけど、できた時は、うれしかったです。
動くか調べたら動いてよかったです。
光を、あてたら、止まりました。
その夜の、キャンプファイヤーは、火のかみ様の登場や、ゲームや、森に、虫をつかまえるしかけをしたのは、おもしろかったです。
次の日に、火薬ロケットを作りました。
はじめは、むずかしそうだったけど、あんまりむずかしくなかったです。
そして、ロケットを、飛ばしたら、すごく上まで、飛んで、パラシュートがひらいて、せいこうしてうれしかったです。
梶田精一

今回 私は初めて宿泊での活動に参加させていただきました。
まず、スタッフの皆様に 大変ありがとうございました と お礼を、述べさせていただきます。子供の活動の為の細やかな準備、子供の状況に合わせた 臨機応変な対応、本当にありがとうございます。今回の活動では、自然、星座 電気実験 野外生活に加え、他では絶対に出来ない火薬ロケットと、非常に多くの内容で、大変 楽しかったです。
又、スタッフの皆様とも仲良く話が出来、これからの活動参加がもっと楽しみになりました。
子供ともども、今後も積極的に参加して行きたいと思います。
宜しくお願い致します。
(
本当にいつもありがとうございます。スタッフの皆様の活動の準備と内容にはいつも創意や 自作のアイデア、工夫がみられ、いつも感動しています。今回は宿泊を伴うといったことから食に対してのこだわりもみられ、準備にも多大な時間をかけられたのだと推測します。本当にありがとうございました
)
岡森吉宏

8/19、8/20に宿泊活動をしました。
ぼくが一番楽しかったのは、モデルロケットを打ち上げた事です。最初はとぶ自信があったけど だんだんと、とばないんじゃないかなと思ってきました。
カウントダウンの時一番心配だったのは、パラシュートが上手くひらくかでした。ロケットが発しゃされてぼくはロケットを見失いました。だけどパラシュートが上手く開いていてよかったです。ログハウスの中はすずしくてねやすかったです。
おかもりゆかり

ろぐはうすでとらんぷをするのがたのしかったです
ばったをとるのがたのしかったです とのさまばったをつかまえ あしたあさおきたらばったはきのうにがしたのに あさばったはいました
またきたいです。
岡森浩司

2日間の宿泊研修は内容ももり沢山の研修でした。
根気のいるペーパークラフトは、時間をかけ つくり上げた達成感 太陽センサの模型づくりでは、自分のつくった回路で、モータの動きが変化する面白さ、そして、モデルロケットづくりでは、固体ロケットのミニチュアともいえる本物の火薬エンジンをつかったロケットが空高く飛翔し、設計通りパラシュートで落下することに、感動をしていた様子です。
 また、下界を離れた、素晴しい夢想学舎での生活は、親子ともにリフレッシュできる一時でした。
 科学離れ、技術離れを言われる子どもたちですが、ものづくり大好、科学大好きな子どもたちが一人でも多くなるよう、これからもYACの活動を楽しみにつづけたいと思います。
とく名

 私が二日のうち、一番楽しかったのは、モデルロケットを作ったことです。
 まず、パイプに紙をまいてボンドをとめて、部品を作ったり、パラシュートを作ったりして、ロケットを作りました。
 次に、先にねんどのおもりを入れて、バランスを整のえました。
 そして、昼ごはんをして、小学校にロケットをとばしました。
 私はまっている時間がとても長く思いました。
打ち上げてみると不発で、他の物ととりかえました。二発目は成功したけれど、パラシュートが開かずに、グラウンドの外に飛んでいきました。
 うまくいかなかったのでくやしかったけど、楽しくていいけい験になったと思いました。
西江 母

 2日めからとなりましたが 久しぶりに参加できた ローズスター分団の活動で、リーダーのみなさんのお心づかいや自然に囲まれ、心がリラックスできました。
 竹を使ってのソーメン流しや、高級牛肉でのチャーハンは 大変おいしくいただきました。
「1人でも行きたい!!」という娘の気持ちを受け入れて下さり 大変感謝しています。
いつでも温かく見守って下さるみなさまのおかげで、たくさんの経験が出来ていることは 大変ありがたいと思っています。
 今後も出来るかぎりは参加したいと思っていますので どうぞよろしくお願いします
みやざわたけし

今日、火薬ロケットが、高くとんで、びっくりしました。もえなくて、よかったです。
二日間ありがとうございました。
宮澤由美代

先月に続いて、今月もまた宿泊活動ということで、充実した内容と美味しい食事を、ごちそうになり、楽しく過ごすことができました。

一日目の 人工衛生だいちのペーパーモデルをつくるのは2度目でした。
前回は、両面テープ、今回は、木工用ボンドで貼りました。それぞれ良い面、悪い面があり、併用すると、綺麗に作れそうです。
太陽追尾装置のモデルは、家でまた手を加えて、遊びたいと思います。
火薬ロケットは、想像していたより、ずっと簡素な作りでしたが、とてもよく飛んだので、驚きました。
ロケットは、アクリル絵の具で色付けして、飾っておきたいと思います。
二日間、大変お世話になり ありがとうございました。