分団員  長沼 春花

 備前焼はやったことがなかったから、とてもいい体験ができたと思う。ねん土があまって、何をつくろうかとまよった。ねん土がわれたりして、大へんだった。あれだけのねん土で、2つも作品ができた。