分団員  てらおか さり

○ わたしは、「ラジオ」をつくるのがたのしみにしていたから、よるも、ちょうどひるねをしていたから、ねむれなくて、よるみんながねているうちに「ラジオ」のことをかんがえていました。それで、パパをおこしていっぱい「ね〜ラジオってどうやってつくるの『おしえて』」とゆっておこられました。そうやって「ね〜ラジオってどうやってつくるの〜」ってゆったのがたぶん10かいだとおもいます。 つくってみてたのしかったです。やきゅうやたいふうのニュースとかがきこえました。たのしかったです。