分団員  藤井 正史

○      ぼくは、いままで紙管式ゲルマラジオのようなものは作ったことがありませんでした。
そして作りはじめるまで、どのようなものをつくるのかよそうもできませんでした。でも、作りはじめてみるといがいとかんたんなこうぞうでした。でも、コイルをまくところはお母さんにやってもらいました。こんかい、このようなきかいにであえたので、YACに入ってよかったとおもいました。