保護者  高橋 小百合

YACでの初めての宿泊行事を終えて、非常に心に残った事はリーダーの方々がこんにちにいたるまで、たび重なるうちあわせをして私たちをむかえて下さっている事が1つ1つのカリキュラムを通して感じました。我子を思うのと同じ位に他人の子どもを大切に思って下さっているし、又、その家族まるごとを、ひっくるめて大切に思って下さっていると感じました。
なかなか、家では経験させてやれない竹を使っての食器作りなど、子ども以上に親の方も楽しませてもらいました。
それを使っての食事も、とても味わい深かったです。
また、夜のキャンプファイヤーも、子どもは学校の野外活動などで経験する事もあるでしょうが、こうやって親子でいっしょに経験出来た事は、本当によい思い出となりました。
今回は、参加された方々と、とても親しく活動出来て、うれしく思います。今まで親の方の自己紹介などがほとんど無く会話は一部の方としか出来ないでいたけど、今回は、親同志のつながりが豊富にあり、良かったです。次回の行事にお会い出来る事を楽しみにしています。
裏方としてお食事のお世話をして下さったリーダーのおじさん、おばさん(ごめんなさい、お兄さんお姉さんですね、名前を忘れてしまいごめんなさい)大変お世話になりました。
人の喜んでくれる顔を見るのがうれしい・・・とおっしゃっていましたね。涙が出そうな位、ありがたく思います。
おいしいお料理を、本当にありがとうございました。
また、お会いしましょうね。