講 師 紹 介

名  前  菊 山 紀 彦
な ま え  きくやま としひこ
所  属 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 主任研究員
講師紹介  今日、講師にお招きした菊山さんは,京都市でお生まれになり,東北大学大学院を卒業後に、日本原子力研究所で研究をされていました。
 1985年に,宇宙開発事業団に移られ、種子島宇宙センターの所長、筑波宇宙センターの所長を務められました。
 種子島宇宙センターでは、国産のH−U(エッチツー)ロケットの打ち上げをなさっていました。
 筑波宇宙センターでは、国際宇宙ステーションを作る仕事や,宇宙飛行士の訓練などをして来られました。
 また、宇宙飛行士の毛利さん、向井さん、若田さん、土井さんとも一緒に仕事をされ,世界の多くの宇宙飛行士ともお知り合いです。
 今日は、菊山さんのそんな経験をもとに、楽しい宇宙開発の話をお聞きすることができました。
 有難うございました。
経  歴
1940年 京都市生まれ。
都立新宿高校卒業。
横浜国立大学工学部金属工学卒業。
1966年 東北大学大学院 金属材料修士過程終了。
1966年 日本原子力研究所入所、原子炉用金属材料の研究に従事。
1974年 アメリカ・ペンシルバニア大学へ留学し、原子炉用金属材料の研究(1年間,科学技術庁推薦)。
1984年 国際原子力機関(IAEA)原子炉解体技術専門家に指名される。
1985年 宇宙開発事業団に移る。スペースシャトルによる有人実験支援のため。
1985年 科学技術庁技術士審議会専門委員の委嘱を受ける。
1985年 文部省宇宙科学研究所「SFU」フラクチャコントロールボード委員の委嘱を受ける。
1991年 種子島宇宙センター次長、国際宇宙大学夏期講座講師などを務める。
1993年 種子島宇宙センター所長、H-2ロケット1、2、3号機の打上げに従事。
1995年 筑波宇宙センター所長、地球観測衛星「みどり」の追跡管制に従事。
1997年 宇宙開発事業団 特任参事。
1997年 第2回国際航空・宇宙国際会議(モスクワ)において講演。
1997年 オーストラリア国立科学技術センターにおいて講演。
1997年 アポロ12号船長 ピーター・コンラッド氏と対談。
1999年 宇宙開発事業団招聘研究員、H-2Aロケット1、2、3、4号機の打上げで実況放送解説を行う。
1999年 平成13年度「茨城県青年の船」講師。
2003年 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 主任研究員。
受  賞
1966年 原子力学会技術賞
1966年 科学技術庁長官発明賞
著  書
宇宙飛行士になるための本 同文書院
宇宙飛行士になりたい 三一書房
宇宙生活読本 ビジネス社
宇宙の不思議がわかる本 三笠書房
ここまで来た日本の宇宙開発 拓殖大学「世界の中の日本 第17集」
宇宙への夢とロマン 日立市科学技術情報財団
守ろう地球 めざそう宇宙 唱和女子大学「女性文化 第18集」
教科書 小学校5年社会科「環境」 光村図書
こちら月面小学校 絵本「大きなポケット」 副音館書店
宇宙探検 「チャレンジ3年生」 ベネッセ
ひ と こ と  子どもの頃の夢は科学者になることでした。これからの夢は地球外文明と交信することです。
 地球以外に文明があればすばらしい、あってほしい。
宇宙といえば  宇宙コロニーが建造され、人類が宇宙人になる日が待ち遠しい。

この項は、NASDAホームページからの転載です。