福山市教育委員会教育長挨拶
(福万 建策)




 みなさん、こんにちは。

 私もこの分団の“顧問”という席を戴いておるわけでございますが、
今日は教育委員会を代表いたしまして
一言お祝いの言葉を述べさせていただきたいと思います。

 このたび、64名の児童・生徒の皆さんと
役員・リーダーの方々によりまして
宇宙少年団「備後ローズスター分団」が結成されまして、
今日の結団式を迎えることになったわけでありますが、
心よりお祝いを申し上げます。

 この宇宙少年団の分団における活動の計画を見させていただきました。
宇宙のことだけではなくて様々な分野に渡っているようでございます。
これらの活動を通しまして、
今学校でも重視をいたしておるところでございますけれども、
学ぶ意欲、自分で課題を見つけ自ら学び主体的に判断して行動できる、
いわゆる「生きる力」、
まあそういったことを目指しておる訳でございますけれども、
この分団活動を通して
皆さん方がこんな力をつけていただけるのではないかというように
期待をいたしているところでございます。
また、分団員の皆さん一人一人が
色々な将来の夢を持っておられることだろうという風に思います。
中には火星に行ってみたい、
あるいは地球を宇宙から眺めてみたい、
まあそういった思いを持ち、宇宙飛行士にもなりたい、
そんな夢をもっておられるのではないかと思います。
皆さん方には正に無限の可能性があるのではないかと、
そういう風に思っております。
目標に向かって努力をすれば何事も達成できるのではないかと、
そういう風に思っておる訳でございます。

 先ほどのご挨拶の中でもありましたけど、
この福山の地から宇宙飛行士が生まれればと、
そんな期待も込める所でございます。
最後になりましたけれども、
この分団の結成に当たりまして
様々なご努力をいただきました関係各位にお礼を申し上げ、
またこの分団が益々活性化して行きますことを期待申し上げ、
大変簡単ではございますがお祝いの言葉といたします。
誠におめでとうございます。