運営協議会会長挨拶
(戸田 拓夫)




みなさん、本日はお忙しいところお集まりいただき
本当にありがとうございます。
今日、この所に、日本宇宙少年団「備後ローズスター分団」、
この結団式を迎えますことを、
関係者及び団員の皆様と共に心より喜びたいと思っております。

 さて、今日この結団式、
これに対しての多くの方々からのご意見がありました。
その中に「戸田さん、今、宇宙とか何か言うのははやらんで」という、
そういう言葉もありました。
しかし我々は、時の流れで
この活動、考え、目標を変えるものではありません。
かえってそういうものは本物ではないと思うからです。
我々が目指すのは、
学校教育では教えきることのできない何か
であろうかと思っております。
それは、例えば寒空の中、
満天の星を見上げて震えながら一晩を過ごすことや、
昔のガキ大将であった遊びのプロと、
そういった大人から(    )そういう活動を通して
子ども達が豊かに成長していくことを
見守って行きたいと思います。
そういった活動の中を通して、
この中から一流の技術者や科学者、
そしてまた宇宙を目指す宇宙飛行士が
ここから生まれることを願ってやみません。
活動の計画においては
まだまだ手探り状態、未完成な部分もありますが
皆様方の引き続きのご支援をお願いすることとし、
簡単ではありますがご挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました。