8月6日(金)bS 鉄砲館
 港からホテルまでの道の途中、小さな川の河口で魚を発見。ハリセンボンと色鮮やかな熱帯(?)の魚。なるほど、我々の周りにいる魚と一味違う。でも、食えないよ!
 昼食の後、鉄砲館へ行く。展示品は素晴らしいものだった。「種子島」と呼ばれた“火縄銃”だけでなく、日本刀や島内出土のやじりや器、それに化石などなど。
 種子島で化石の産出の情報は得ていたが、かなりの種類の産出がある。それに島内、採集荒れをしていないのがいい。化石の調査も面白そうだ。昼食で腹いっぱいになり、心地よい空調で「睡魔」が襲い、ロビーでビデオを鑑賞しながらの転寝。さぞ気持ちよかったことだろう。