横山大観(よこやま・たいかん):


本名秀麿(ひでまろ)。
明治・大正・昭和時代の日本画家(1868−1958)。
茨城県水戸市生まれ。
東京美術学校第1回卒業生。
橋本雅邦らに学び、岡倉天心
(おかくら・てんしん)の指導を受け、母校の助教授となったが、天心の校長辞任と進退をともにし、日本美術院創立に参加した。
菱田春草
(ひしだ・しゅんそう)とともに朦朧体(もうろうたい)といわれた無線描法による『無我』『迷児(まいご)』などで、美術院の理想主義的傾向を代表した。
文展開始と同時にその審査員となり、鋭い構図とすぐれた気格によって画壇の中心的存在となり、美術院を再興して後進を育成した。大正期には、その水墨画『生々流転
(せいせい・るてん)』などの秀作を発表、昭和期には『夜桜』『虫の音』などを描いた。
帝国美術院会員。
1937年に文化勲章を受章。
東京・上野池之端
(いけのはた)の旧邸が記念館となっている。
《新世紀ビジュアル大辞典より》