東京美術学校(とうきょう・びじゅつ・がっこう):



官立のわが国最初の美術教員および美術家養成機関。
明治9年(1876年)、日本政府は西欧文化移植の一環として工部美術学校を設立、イタリア人教師により絵画・彫刻を教授させたが、明治16年にこれを廃止、代わって明治18年新たに文部省に図画取調掛を置き、美術の専門教育確立の方途を計った。
その取調委員長浜尾新、同委員岡倉覚三(天心)・フェノロサの西欧美術教育事情調査の結果が、明治20年の東京美術学校設置となった。
明治22年上野公園地に浜尾新を校長事務取扱として開校された本校は、絵画・彫刻・建築・図案の教員および作家の養成を目的とし、2ヵ年を普通科(基礎実技と学科)、3ヵ年を専修科(専門科目)に当てた。
明治23年には岡倉覚三が校長となり、当時の教授には橋本雅邦・川端玉章・巨勢小石・加納夏雄・高村光雲らが名を連ねる。
開校当初は、岡倉覚三・フェノロサの伝統美術振興の抱負が基本理念であったが、時代の流れとともに幅広い教育内容への要請が生じ、
明治29年黒田清輝・藤島武二・和田英作・岡田三郎助指導の西洋画科、また福地復一・横山大観・本多天城指導の図案科、明治32年塑造科、明治40年図画師範科、その他大正4年(1915年)写真科が設置されるが、これは大正15年東京高等工芸学校に移管、別に図案科から建築科が独立する。
以後昭和24年(1949年)の学制改革による東京芸術大学美術学部への移行まで、近代日本を担う多くの美術家を育成した。
《国史大辞典より》