大智勝観(おおち・しょうかん):


日本画家、
明治15年(1882年)〜昭和33年(1958年)。
愛媛県今治市に生まれた。
名は恒一。
明治35年(1902年)、東京美術学校を卒業。
横山大観に指導を受けた。
各種展覧会に出品し、大正2年(1913年)第7回文展三等賞を受けた。
翌大正3年(1914年)日本美術院の再興とともに参加した。
大正3年(1914年)日本美術院同人として活躍し、戦後日展参事にもなったが、一貫して日本美術院の発展のために尽くした。
代表作は、『爽涼』『薄春』などがある。
《阪急古書のまち りーち より》