「秋聲賦(しゅうせいのふ) t0420
阿部正精
文化5年(1808年)1月27日
32×226 cm
「秋聲賦(全体)」

↓「秋聲賦(その1)」




西

↓「秋聲賦(その2)」














↓「秋聲賦(その3)」







西



↓「秋聲賦(その4)」
 
 
 
 
 
 
廿






K

読み下し
あた
欧陽子の夜に って書を読むに、
こえ
の西南より来る者有るを聞く。
しょうぜん あや
悚然 として之を聴いて曰く、 しいかな。
せきれき しょうさつ
初め 淅瀝 として以て 蕭颯 たり。
たちま ほんとう ほうはい
奔騰 して ○湃 たり。
にわ
波濤の夜驚き、風雨の かに至るが如し。
そうそうそうそう きんてつ
その物に るるや、 ○○錚錚 として、 金鐵 皆鳴る。
ばい ふく
又敵に赴くの兵の、 みて疾走し、
ただ こうせい
号令を聞かずして、 人馬の 行聲 のみを聞くが如しと。
なんじ
予童子に謂う、此れ何の聲ぞや。 出でて之を視よと。
せいげつ こうけつ めいか
童子曰く、 星月 皎潔 にして、 明河 天に在り。
じんせい こえ じゅかん
もに 人聲 無く、 に在りと。


ああ
予曰く、 噫○ 悲しいかな。此れ秋の聲なり。
なん きた
れぞ れるや。
けだ さんたん
秋の状たるや、其の色は 惨淡 として、
おさ
び雲 まる。
あきら
其の容は清明にして、天高く日 かなり。
りつれつ きこつ
其の氣は 慄冽 として、人の 肌骨 す。
しょうじょう
其の意は 蕭條 たり。
せいせい せつせつ
故に其の聲たるや、 凄凄 切切 として、呼號奮發す。
ほうそう りょくじょく
豐艸 緑褥 にして茂るを諍ひ、
かぼく そうろう よろこ
佳木 葱蘢 として きも、
くさ これ はら いろ へん
はれて じ、
これ
ひて つ。
さいはい れいらく ゆえん
其の 摧敗 零落 する 所以 の者は、
すなわ
ち一氣の餘烈なり。
けいかん
れ秋は 刑官 なり。 時に於ては陰たり。
また しょう こう きん
兵の なり。 に於ては たり。
これ ぎき
を天地の 義氣 ふ。
しゅくさつ
常に 肅殺 を以て心と為す。
みの
天の物に於けるや、春は生じ秋は る。
がく しょうせい せいほう おん つかさど
故に其の るや、 商聲 西方 る。
いそく しちがつ りつ しょう しょう
夷則 七月 たり。 なり。
もの すで ひしょう りく
に老いて 悲傷 するなり。 なり。
もの さかり まさ
を過ぎて に殺すべし。


ああ そうもく こころ とき ひょうれい
嗟夫 艸木 きも、 りて 飄零 す。
れい
人は動物たり。 れ物の なり。
ひゃくゆう ばんじ ろう
百憂 其の心を感ぜしめ、 萬事 其の形を す。
うち こころ うご
に動くこと れば、必ず其の かす。
しか いわん
るを や其の力の及ばざる所を思ひ、
うれ
其の智の くせざる所を ふるをや。
むべ あくぜん あか こうぼく
なり其の 渥然 として き物は 槁木 り、
いぜん せいせい
○然 としてKき者は 星星 るや。
いかん きんせき あら
奈何 金石 の質に ずして、
そうもく えい あらそ ほっ
艸木 はんと する。
おも たれ これ しょうぞく
ふに ○賊 す。
また なん しゅうせい うら
秋聲 みんと。
どうし こた こうべ ねむ
童子 ふる く、 を垂れて る。
ただ しへき ちゅうせい そくそく
四壁 蟲聲 喞喞 として、
たんそく たす ごと
歎息 くるが きを聞くのみ。

大 意
 われ欧陽子が夜中に書物を読んでいると、西南の方から響いてやってくる音が聞こえたので、はっと思って耳をかたむけて聞いて言った、「奇妙だな。初めは雨のはらはらと降るような音がしているうちに、風のさびしく吹きすさむような音になり、たちまち水が勢よく走って岩に当るような音がして、大波が夜急に起って、風雨がにわかにやって来たようである。そしてそれが物に触れると、かん高い金属性の音がして、金物や鉄が皆鳴っているように聞える。また敵に向って行く兵が、枚を口にふくんで物も言わずに速く走り、号令の声も聞えず、ただ人や馬の足音だけが聞えているというふうでもある。」と。
 私は召使の童子に言った、「これは何の音だろう。お前家の外に出てしらべて見よ。」と。
 童子は言った、「星や月が白く輝いてきよらかで、天の川は空にあり、雨が降っているのでもなく、あたりには人声もなく、人馬の影など見えません。その音は樹の枝の間に鳴っているのです。」と。

 私は言った。ああ悲しい響よ。これは秋の声である。何のために秋は来たのであろう。
 思うに一体秋の有様というものは、その色はいたましくあわくて、もやも飛び去り雲もおさまって静かである。
 秋のすがたは澄んで明かるく、天は高く日の光も透き通って輝く。
 秋の空気は身にしみて冷たく、人の肌や骨を針でさすようである。
 秋の心持はさびしくて、山や川も静かに物さびしい。
 だから秋の声というものは、物がなしく、さしせまってかん高く、呼びさけんで勢いはげしく起るのである。
 ゆたかな草が緑こまやかに争い茂り、見事な木がこんもりとしげって、見る目も楽しめるのに、この草はこの秋の気に吹きはらわれると色が変り、木は秋の気に遭うと葉が落ちてしまう。
 その草木がくだけ枯れ、葉が衰え落ちてしまうわけは、それはこの一つの秋の気のはげしい力の結果なのである。

 一体秋は刑罰を司る官に当る。時節としては陰気が盛んである。又秋は生物を殺し枯らす性質があるので、武器に似た現象とする。
 五行では秋は金にあたる。これを天地が正しい道理を断じて行なうはたらき、即ち義気という。
 だから秋は常に物事を引きしめ殺すことを心とする。
 天の万物に対する働きは、春には物が発生し、秋には物が実るのである。
 故に秋は音楽では商声にあたり、西方の音を支配している。
 十二律の中で夷則は七月、即ち秋の音律である。
 商の字は音が傷で、物がもはや老いて、悲しみやぶれて、おとろえるという意味がある。
 また夷則の夷は戮、即ちころすの意味で、万物は盛りを過ぎては、それを衰滅枯死させるのは当り前である。

 ああ、草木の感情のないものでも、時には秋風に吹かれてひるがえり落ちることもある。
 人間は感情があって動くものである。
 それこそ万物の中で最もすぐれたはたらきのあるものである。
 多くの心配がその心を感じ動かし、多くの仕事がその体をつかれさせる。
 心の中に動くことがあれば、その感情をゆり動かすものである。
 それなのにまして自分の力の及ばないものを思いねがい、自分の知恵でできないことを心配して、自然物とその生命力を比べ争うようなことをすれば、心身を苦しめることになるのはいうまでもない。
 そのまっかな色つやのよい顔がすぐ年老いて枯木のように衰え、まっ黒な髪が白髪まじりになるのももっともなことである。
 どうして金や石のように不変な生れつきでもない人間の身で、物事に感動しない草木の繁茂と生命力を比べ争おうとするのか。
 それは不可能なことである。
 思うに誰がこの人間の生命をそこない傷めることをするのであろう。
 それは自然の理がそうするのである。
 またどうして秋の声を恨むことがあろうか。
 と語り了ったが、童子は答えもなく、無邪気に頭を垂れてねむっており、ただ部屋の四方の壁ににあたって秋の虫が断えず鳴き続ける声が、私の繰り返す感慨の嘆息
(ためいき)を助けるように聞えているばかりで、いつの間にか夜が更けていたのである。

解 説
 賦が、物象を形容し、事を叙し、景を述べる文学であるとすれば、この「秋聲賦」は、まことによくその特色を発揮しているといえる。秋風の吹く音の巧みな形容の中から、だんだんと中国古来の秋に対する伝統的な観念、陰陽五行思想や、周の官制や音楽上の律調などにまで言及し、自然と人生の密接な結びつきを叙述して行く。そして連想は自然現象と関連して人生の盛衰栄枯の詠嘆に拡がるのであった。詩人のこの深い悲しみを、自然の推移に従って生きるという人生観によって救おうとしたのである。これは陶淵明の「帰去来辞」にも見える、「化に乗じて以て尽くるに帰す」という思想と同じである。いわゆる「自然哲学」ともいうべき、中国伝統の処世観であろうが、そこにまた宋代の説理を主題とした、散文賦の特性が見いだされるのである。しかもこの賦は情景描写にすぐれていて、はじめに秋風の音を、風雨や波浪、或いは人馬の音かと疑って、童子を戸外に出して見させると、夜空は晴れて人影も見えず、ただ樹間に鳴る風の音であったという、一種の技巧振りの大きな表現は、最後に至って、欧陽子が語り終った時には、童子が答えもなく、頭を垂れて睡り、虫の声がしきりと続いて、詩人の嘆息を助けるように聞えているだけであった、と結んでいるのと首尾一貫している。そこにまた秋の夜のいつしか更けて、推移した時間の経過がたくみに言い表わされているのである。

↓姓名印 ↓雅号印 ↓遊印



訳 注
秋聲賦(しゅうせいのふ)
作者:欧陽脩(おうよう・しゅう)
欧陽脩、52歳の作。秋風の物さびしい音を形容し、秋には万物が凋落することを悲しみ、自然の理に従う現象の変化・推移のきびしいことと人間の生活との関係を述べ、終りに人生のうつろい易いことを慨嘆した賦である。
欧陽脩: 北宋の政治家、学者(1007〜1072年)。吉州廬陵(江西省吉安県)の人。字は永叔、号は酔翁・晩年は六一居士。諱は文忠。父親は泰州軍事判官。24歳で進士に合格。
欧陽子 欧陽脩自身をいう。「子」は男子の尊称。わざと他人のように言う。
ショウ、シュ、おそれる。
悚然(しょうぜん) 恐れてびくびくするさま、こわがるさま。ぞっとする。
チョウ、テイ、きく
セキ、シャク
淅瀝(せきれき) あわれにさびしいさま、また、風雨・落葉などの音のものさびしいさま。雨の音の形容。はらはらという音。
蕭颯(しょうさつ) 秋風がものさびしく吹くさま。風の吹き鳴る音。
奔騰(ほんとう) 勢よく走ること。騰は立ち上る。
○湃(ほうはい) 波が音をたててはげしく打ち合うさま。転じて、水がさかまくさま。音がはげしく鳴り響くさま。水が岩に当って鳴る音。
ショウ・ソウ、ほこ、小さいほこ、さす、つく、つきさす、うつ。
○○(そうそう) 金属の鳴る音の形容。刀や刃物の鳴る音。
錚錚(そうそう) 堅い金属の鳴る音。
金鉄皆鳴 金は一切の金属をいう。鉄などの金属類がみな鳴りひびくようである。秋の風は西風であり、西方は五行説では金鉄の気が盛んであるから、金風ともいう。金鉄の色は白いから、西方の色は白をあて、「白秋」の語もある。
銜枚 枚は箸のようなもの。横に口にかませて両端を首に結びつけて、物を言えなくする。
コウ、キョウ、しろい、きよい。
皎潔 白く輝いてきよらかなこと。
明河 天の河。星河
(よ) 四方にの意味、「よもに」と読む。
カン、ケン、あいだ、ま。
噫○(ああ) ああ、感嘆詞。
故為乎来哉 何のために来たのであろう。乎・哉は感嘆の助字。
蓋夫 思うに一体。
惨淡(さんたん) いたましく、あわい。
ヒ、もや。
レン、おさめる。
煙霏雲斂 もやが飛び去り、雲もおさまる。
其容 秋のすがた。
すきとおり輝く。
リツ、リチ。おそれる、おののく。
慄冽(りつれつ) 身にしみる烈しい寒さ。
石針。病気の箇所を石針でさして癒すこと。
其意 秋の心持。
ショウ、よもぎ。
蕭條(しょうじょう) さびしい。蕭々に同じ。
寂廖(じゃくりょう) しずかでさびしい。物音人影もないこと。
セイ、サイ、すさまじい、すごい。
凄凄(せいせい) 物さびしく。
切切(せつせつ) さしせまって強く。
奮発(ふんぱつ) 勢い強く吹きおこる。
緑褥(りょくじょく) みどりの色こまやかに。「褥」はいろどり。飾りが繁く美しい。花葉のしげること。
ル、ロウ、いぬたで。
葱蘢(そうろう) 緑に茂る。こんもりとしげる。
可悦 見て楽しめる。
落ちる。
サイ、ザイ、くだく、くじく。
摧敗零落(さいはい・れいらく) くだけやぶれ、おとろえ枯れておちる。零は草が枯れる。落は木が落葉すること。
一気之余烈 この秋の気の烈しさの結果。「余」は残った結果・影響の意味。
秋刑官 周代のの官制において、刑罰を司る官を秋官とする。
秋は陰気の盛んな時候であるということ。
兵象 武器に似た性質をあらわす。兵刃が物を傷つけ殺すように、秋の気が生物を枯死させる。また秋には軍備や兵員を手入れしてととのえる制度がある。
五行。万物は木・火・土・金・水の五要素の行(めぐり・流転)によってできるとする説。木を春、火を夏、金を秋、水を冬に、土を四季に配して、季節の性質を表す。秋風を金風という。
義気 理性によって正しい道を行ない、物事を成すはたらき。
肅殺(しゅくさつ) 引きしめ殺す。草木を枯らす。
天之於物 欧公のこの賦の墨蹟には「大哉天之於物」とある。
商声(しょうせい) 宮商角徴羽の五音の一。西方、秋の声に当り、金属の鳴る音。
夷則(いそく) 十二律の音階を十二月に配当すると夷則は七月の律。故に七月の異名となる。
やぶる。悲傷は悲しみ痛む。
ころす。刑罰を加える。
枯死させる。
サ、シャ。ああ。なげく。
嗟夫(ああ) 感嘆詞。
飄零(ひょうれい) ひるがえり落ちる。
物之霊 人は万物の中で最もふしぎな心のはたらきをもっている。霊はふしぎにすぐれたものという意味。
其形 人間の肉体。
心中。
ヨウ、ゆれる。ゆる。
渥然(あくぜん) あつい。濃い。赤の形容。
(に) 赤。
槁木(こうぼく) 枯木。老衰の意。
イ。
○然(いぜん) 黒いさま。
星星(せいせい) 白髪が混るさま。
金石之質 金や石のように変らないうまれつき。
爭栄 草木のような非情なものと繁茂の生命力を争う。
ショウ。そこなう。ころす。
○賊(しょうぞく) そこなう。
喞喞(そくそく) 虫のたえず鳴くさま。また、ためいきの形容。
戊辰(つちのえ・たつ) ここでは文化5年(1808年)のこと
(落款)阿正精 阿正精は阿部正精のこと
(姓名印)阿正精印 阿正精は阿部正精のこと
(雅号印)子純氏 子純は阿部正精の字
(遊印)○○○○○
誠之館所蔵品
管理 氏 名 名  称 制作/発行 日 付
06454 星川清孝 著 『古文真宝(後集)』
抜粋コピー 「秋聲賦」(欧陽永叔)
明治書院 昭和38年
 HT氏蔵
出典1:『新釈漢文大系16 古文真宝(後集)』、43〜48頁、星川清孝著、明治書院刊、昭和38年7月20日
出典2:『アジア歴史事典(第2巻)』、48頁、平凡社編刊、昭和59年12月15日
2010年8月6日追加●2010年8月9日更新:タイトル、写真、読み、訳注●2010年8月10日更新:読み、読み下し、大意、訳注●2010年8月11日更新:読み、読み下し、大意、訳注●2010年8月12日更新:読み、読み下し、大意、解説、訳注●2010年8月13日更新:制作日、訳注●2011年2月2日更新:誠之館所蔵品●2011年2月16日更新:読み下し、訳注、誠之館所蔵品●2015年7月17日更新:レイアウト(改頁)●