福山阿部藩
藩主
誠之館
先賢
福山藩
関係者
誠之館
歴代校長
誠之館
教師
誠之館
出身者
誠之館と
交流した人々
誠之館所蔵品
関係者
誠之館同窓会
歴代役員
牧本正雄
まきもと・まさお
福山市会議員、牧本楽器(株)社長
牧本正雄 (出典1)


経 歴
生:明治28年(1895年)8月25日、福山生まれ
没:昭和41年(1966年)、享年72歳
大正2年(1913年) 17歳 広島県立福山中学校(誠之館)卒業
大正4年(1915年) 19歳 牧本楽器店を継承
昭和7年(1932年)〜
 昭和18年(1943年)
36〜
48歳
福山市会議員(4期)
昭和15年(1940年)ごろ 45歳ごろ 広島県三絃組合長
昭和15年(1940年)ごろ 45歳ごろ 全国楽器組合長
昭和15年(1940年)ごろ 45歳ごろ 福山商業組合長
昭和22年(1947年) 51歳 福山市監査委員(1期)
昭和24年(1949年) 53歳 牧本楽器(株)を設立、社長に就任
昭和27年(1952年) 56歳 福山市固定資産評価審査委員
昭和35年(1960年) 64歳 大阪市和楽器(株)を設立、社長に就任
昭和35年(1960年) 64歳 千代田貿易(株)取締役
昭和37年(1962年) 66歳 広島テレビ放送(株)専務取締役
昭和39年(1964年) 68歳 紺綬褒章
昭和40年(1965年) 70歳 牧本楽器(株)会長
昭和41年(1966年) 71歳 正六位勲五等瑞宝章
福山商工会議所副会頭
福山ロータリークラブ会長
福山簡易裁判所調停委員
広島県保護観察協会支部長
広島県教育会福山支部長
全国邦楽器商業組合連合会会長


生い立ちと学業、業績
明治28年(1895年)8月25日、福山において生れた。
父の牧本信次郎は明治37年(1904年)に琴三絃の製造販売を始めた。
正雄氏はその家業を継承し、発展させた。

福山の琴はその品質、生産量において全国一の名があるが、牧本楽器(株)はその中心に位置していた。
これは正雄氏の優れた企業性と実業家的良心によるものである。
伝統的な琴生産が家内工業的工業の域を出なかったものから、近代的工場生産による量産化による生産に発展させた。
その会社は、次男の牧本典雄氏が継いだ。

昭和7年(1932年)には、市会議員に当選し、16年の長きにわたってその職務を全うされた。

また福山財界においては、久しく福山商工会議所副会頭の要職にあった。


出典1:『備後工業特別地域産業人名鑑』、25頁、式見静夫編刊、昭和42年12月
出典2:『皇国二千六百年記念誌 興亜日本建国史』、496頁、(株)日本同盟通信社編刊、昭和15年11月20日
出典3:『自治制八十年記念 自治団体沿革 郷土を造る人々』、595頁、(株)人事調査所地方自治調査会編刊、昭和45年9月16日
出典4:『新日本人文録 自治行政大観(広島県人国記)』、595頁、「牧本正雄」、地方自治調査会編刊、昭和41年11月30日
2008年9月17日追加●2008年12月9日更新:写真・経歴・出典●2012年2月27日更新:経歴・出典●