人 物 誌 (ら〜ろ)


名 前 藩主 先賢 福山藩 校長 教師 出身 交流 所蔵品 同窓会 概    要
らい・あつし 頼復(頼支峰) 頼山陽の第ニ子、七頼の第六、京都頼家本家
らい・いつあん 頼聿庵 広島藩儒、頼山陽の長男
らい・きょうへい 頼杏坪 広島藩儒、頼山陽の叔父、七頼の第三
らい・さいしん 頼采真 広島藩儒、頼杏坪の長男
らい・さんよう 頼山陽 七頼の第四、「日本外史」の著者、一時、菅茶山の廉塾で都講、京都での山陽塾には門田朴斎、関藤藤陰、江木鰐水などが学んだ
らい・しゅんすい 頼春水 広島藩儒、頼山陽の父
らい・しゅんぷう 頼春風 頼山陽の叔父、七頼の第二、兄春水が広島藩へ出仕後、竹原頼本家を守った、菅茶山との親交があった
らい・みきさぶろう 頼三樹三郎 頼山陽の第三子、七頼の第七、「頼山陽肖像画」に賛を誌している、京都頼家分家
名 前 藩主 先賢 福山藩 校長 教師 出身 交流 所蔵品 同窓会 概    要
りゅうしょう 柳章 江木鰐水夫人肖像画の作者、詳細は不明
りゅうち・みつおう 龍池密雄 大覚寺門跡、高野山座主、福山明王院住職
名 前 藩主 先賢 福山藩 校長 教師 出身 交流 所蔵品 同窓会 概    要
るこ Ruko (不明)
名 前 藩主 先賢 福山藩 校長 教師 出身 交流 所蔵品 同窓会 概    要
れいぜい・ためさか 冷泉為栄 歌人