ぐるうぷ・ちえん

    更新履歴


活動内容
身近な福祉活動を始めたのは1988年・・・栄区という地縁と、一人ひとりの活動に鎖のようなつながりをイメージして、ぐるうぷ・ちえんと名づけました。

定例会、月に1〜2回の上郷苑や朋でのボランティア活動と「ホームヘルプ制度」「私たちの望む地域医療」「高齢者の福祉制度」「高齢者が住みやすい住宅」などについて、専門家を招いて年1回の講演会を続け地域の方たちと学習してきました。

主な活動場所 :富士見が丘自治会館ほか
:現在は、さかえ区民活動センター
活動日定例日 : 毎月 1回
代表者名 :杉浦 尚子

活動の経緯
ちえんの結成は1988年で、命名は1989年です。
  • 1988年に地域活動についてのアンケート調査を行い、1990年から1996年まで7年続け て地域福祉講座を開催しました。
  • 1990年から2000年まで10年間定期的に福祉施設(上郷宛、朋など)でのボランティア をしながら、見学や研修、行事への参加をしてきました。
  • 2000年から新たな活動への方向を考えながら、パソコンなどの研修に取り組むため に、定例会中心の話し合いをしています。
  • 2001年から栄区ボランティア連絡会に加わっています。
  • 2001年、横浜市社会福祉協議会から、ちえんへの感謝状。
  • 2002年、IT化に取り組む。
  • 2003年、この「ぐるうぷちえん」のサイトを開設
  • 2009年、高齢化社会情報 ( 2009年以降の活動情報 )

これからの願い
家にいながら、インターネットを活用して温かい交流ができ、必要な情報を得られて、お互いに助け合える社会になることを願っています。

バラの柵のライン

2003年2月3日開設
2014年6月7日更新