樹種目次 国産広葉樹 国産針葉樹 南洋材 北米材 アフリカ材 南米材
一枚板テーブルの吉野杉ドットコム 一枚板テーブルの吉野杉ドットコム

落葉松
カラマツ 【唐松・落葉松】 Japanese larch

[その他の名称]
ラクヨウショウ、フジマツ【富士松】


マツ科カラマツ属の落葉針葉樹。
学名 : Larix kaempferi


天然分布は、本州中部から北部に至る。別名、富士松、と呼ばれるように富士山や日光、浅間山、八ヶ岳などの天然林がよく知られている。 明治の中頃から 北海道に移入され、最も主要な人工植栽樹になっている。幹高は20〜30m、高いものでは50mほどになる。


辺材は白色、心材は褐色。材に節が出ることが多く、脂壷などのキズがあらわれることがある。


針葉樹のうちでは重硬で、耐久性、耐湿性に優れるが、割れやすい。加工性は中庸で、仕上げ面は粗い。 脂気が多く、年数を経ると樹脂が染み出て木肌が赤味がかり、風格のある美しさをたたえるようになる。
気乾比重 : 0.53


家屋の土台や電柱・鉄道枕木・屋根板・船舶に用いられ、樹皮はタンニンを含み染料にする。


日本の松類の中で落葉するのはカラマツだけで、落葉松と書く。


diy木材と木製レターオープナー

家具用語辞典 家具と木製雑貨の通信販売 DIY木材販売 家具木工検索エンジン
※ この用語辞典で木材の検索も出来ます。 制作 府中家具工業協同組合