Bordeaux(Red) 3 Bordeaux(Sweet) 2 Bourgogne(Red) 2 Bourgogne(White) 1
Rhone 2 Loire 2 Alsace 4 Champagne 3
Italy 3 Germany 2 Spain 3 Port 1
Australia 2 California 3

新たに1981ヴィンテージを追加しました。
皆さんからの情報をお待ちしています。
投稿フォームへ


France/Bordeaux

■ 1981 Ch. Margaux
シャトー・マルゴー
マルゴー 赤
 1981年はエッジに赤みを帯び、若々しさと熟成を味わえたワイン。柔らかさのあるワインにハーブ、杉の清涼感か交じる心地よさ。さすがのマルゴー、タンニンも十分でまだまだ美味しい時期ですね。
Name:class30 -Takeshi-  Date:2001/1 Estimate:

■ 1981 Ch. Cos d'Estournel
シャトー・コス・デストュルネル
サンテステフ 赤
 Takeshiさんも飲んでいらっしゃるのですね!また公に酒解禁となった成人の方、何はともあれおめでとうございます。コス'81は本に良く出ているサンテステ−フの個性をよく表しているのではないでしょうか?果実味はバランス上やや弱いのかもしれませんが、とにかく甘い樫樽の香・カシスの香・猫香・埃っぽい香とすごいパワフルフルな香りです!味も最初果実の凝縮感が感じられるのですが、すぐに刺激的なスパイシーさが出てきて、渋みも十二分に感じられます。コスの公式サイトでは飲みごろはもう過ぎているようですが、そんなことは無いと思います。パワフルな肉料理と共にどうぞ!!!
Name:Mash Date:2001/3 Estimate: 

■ 1981 Ch. Montrose
シャトー・モンローズ
サンテステフ 赤
 BVC関東支部会にて、ブラインドクイーンとなったよもぎねこさんが持って来て下さったワイン。「薔薇山」と日本語にしても美しいこのワインはもうそれだけで彼女をイメージしてしまいます。
 エレガントさの中のキュートな果実味が美味しくて、おもわず「おかわり」したくなっちゃいました(笑) ねこちゃん、わたしも'81ファンになりました♪ありがとう。
Name:Madame-BVC(junko-t) Date:2001/3 Estimate:

■ 1981 Ch. Branaire Ducru
シャトー・ブラネール・デュクリュ
サンジュリアン 赤
西洋杉やチョコレートのようなニュアンスが大好き。
ブラネールはほとんど外れなしの蔵です。
Name:どら Date:2001/10 Estimate: 

■ 1981 Ch. Sociando Mallet
シャトー・ソシアンド・マレ
オー・メドック 赤
なかなか抜けきらない風邪をおして出かけたAnyaのFriday Cheers。普段BY THE GLASSで飲んでる美味しいワインとお食事が5,000円で飲み放題、食い放題の会(カリフォルニアのジャズの生バンド付き)。モンダビのオークカスク、ベリンジャー、グリギッジ、ジャック・ド・コニンク、トレフェッツエン、パッツ&ホール、コンドリュー、コート・ロティ、ポマール等々等々随分飲んだなあ。へべれけ状態なのに、もっと凄いの飲ませろ、と言ったら出てきたのがこれ。
聞いたこと無いシャトーだからどうせろくでもない小さな農家のワインだろうと思ってラベルを良く見るとHAUT-MEDOC、ふむふむ、まぁまぁか、と、目の前で抜栓してくれたコルクも5センチ超の高級品。お味の方は、なるほど20年、といった感じの熟成感。ひょっとしてぎりぎりかも。よくぞここまで持たせました、ご苦労さん。これまたぐびぐび飲んで、ワインだけで記憶が無くなって、ジョージ・ハリソンが亡くなったのも知らずに過した一夜でした。
最近、若いのに大ハズレの格付けメドックに立て続けに遭遇していただけに、お会いできて嬉しいワインでした。
Name:ちんちくりん Date:2001/12 Estimate:

■ 1981 Ch. Les Ormes de Pez
シャトー・レ・ゾルム・ドゥ・ペズ
サンテステフ 赤
 グラスで少し飲んだだけなんですけど・・
最初から、チョコレートのような、キャラメルのような香り。
飲んでみた感じは酸味が残ってる割に、フルーティーさがないなあ・・・
Name:ぷーちん Date:2001/2 Estimate:

■ 1981 Ch. Angelus
シャトー・アンジェリュス
サンテミリオン 赤
 結婚20周年の年を記念して、きっかけとなった「お告げの鐘」のこのワインを初デート記念日に開けました。fine wine.comで購入した一品ですので、保存状態は万全のはず。気負い込んで抜いたコルクは長く、5.5p、ワインに接していた面も、前回1955 Ch. Bourgneuf GRAND CRU POMEROLの時と同様のいい色だったので期待したのですが、香りは醤油屋の樽のようでした。これはだめかな?
 抜栓後30分。渋い、辛い、厚みがない、硬い、まあ、サンテミリオンらしいといえば、らしい熟成状態なのでしょうが、う〜ん。色は茶色がかったガーネット色。清澄度良好。澱はほんの少し。
 温度が低すぎたのかなあと計ってみると15度。こりゃいかんと20度まで待つことに。エノロジストから聞いていた、このワインに特徴的な野生酵母による影響の香りも感じられない。
 結婚20周年を祝うワインとして8,000円の価格は安いけれど、8,000円出せばもっと美味いワインはいくらでもあるなあと、がっかりの1本でした。2時間経過でなんとか丸くなりました。次回は1erに昇格した後のヴィンテージを試してみたい。
Name:ちんちくりん Date:2001/2 Estimate:



France/Bourgogne

■ 1981 Romanee-Saint-Vivant : Dom. de la Romanee-Conti
ロマネ・サン・ヴィヴァン : ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ
コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ 赤
 エッジに少し褐色がかかったルビー色、なめし革、ベリー、華やかさのある花の香り、でも、内面的で慎ましい、決して自己主張をし過ぎない、滑らかで繊細な風味が、口の中で広がる、愛らしさのある芳香と複雑さ、微妙でゆっくりと広がっていく長い余韻が、いつまでも続くよう、素晴らしい味わいです。
Name:ホビット  Date:2001/1 Estimate: 

■ 1981 Nuits-Saint-Georges Les Poisets : Dom. Robert Arnoux
ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ポワゼ : ドメーヌ・ロベール・アルヌー
コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュ 赤
 エッジが褐色したルビー色、なめし革、ベリーの芳香、華やかさ的よりも、少しドッシリした印象、ミネラル感があり、円熟した果実味とタンニンのバランスが心地よいです。
Name:ホビット  Date:2001/1 Estimate: 

■ 1981 Corton Marechaudes / prince-florent-de-merode
コルトン・マレショード
コート・ド・ボーヌ/コルトン 赤
 まず印象的なのは綺麗に熟成したブルゴーニュだということ!枯れた薔薇・コーヒーリキュール・苺ジャムの香がします。樽香は控えめで、鞣革の甘い香も立ってきます。タンニンは丸く、ブルゴーニュらしい酸味が印象的でほんとに今が飲み頃です。やっぱり熟成したブルゴーニュは"Bravo"です!!!!
Name:MAsh Date:2002/7 Estimate:



France/Rhone

■ 1981 Cote Rotie La Mouline : E. Guigal
コート・ロティ・ラ・ムーリンヌ : E. ギガル
コート・ロティ 赤
 石灰質の比率が多いコート・ブロンドにある1.5haの畑。樹齢は約60年で11%のヴィオニエが混植されているということ。幸いにも1981ヴィンテージを二度飲む事ができましたが、今からが本領を発揮する時期なのでしょう。黒果実に東洋風のスパイス、スミレの花やロースト香。酒躯の強さと樽のバニラも残しつつ、繊細かつ深みのあるワイン。澱の部分はまるで「セイロガン」のような複雑味。すでにバランスはとれているものの、やや閉じ気味の傾向も。まだ熟成を必要としているのかも?
Name:class30 -Takeshi-  Date:2001/4 Estimate:



America/California

■ 1981 Stag's Leap Wine Cellars Riesling
スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ・リースリング
ナパ・ヴァレー 白
 20年前のワインとは思えないほどのパワフルさが有り、リースリングの古酒に求められるほとんどの要素を持ち合わせたワインでした。色は甘露飴色になり始めているものの、酸のレベルの高さから想像するに、あと10年はさらなる熟成を続けると思いました。
ちなみに、2000年ヴィンテージとの垂直で飲んだのですが、オーストラリアのリースリングのような現在の
スタイルとはちょっと違い、どちらかというとドイツっぽいスタイルでした。
Name:B.V.C.会長ほげちゃん Date:2001/6 Estimate:

■ 1981 Robert Mondavi Fume Blanc Napa Valley
ロバート・モンダヴィ・フュメ・ブラン・ナパ・ヴァレー
ナパ・ヴァレー 白
 有名な中華レストランのグループ店で頂きました。
9種類ほど飲んだあとにソムリエが試して欲しい、とサーヴィスしてくれた一杯。店売りがグラス2,100円とのことでした。香りだけでソムリエの意図が解りました。完全にいっちゃってました。何が悪かったんだろう。
ソムリエも悔しがっておりました。
Name:ちんちくりん Date:2001/1 Estimate:



home


supported by

.