本福寺

本福寺について

室町時代、真宗中興の祖蓮如が堅田に訪れ、ここを中心に布教活動を行いました。また芭蕉の高弟である千那が住職であったため、芭蕉はこの寺に泊まり多くの句を残しており、境内には芭蕉の句碑があります。