定木 清美氏

私の伝道掲示法語集

 平成17年5月現在 重い病にありながら、長年私設の伝道掲示板に書いてこられた願いを本にされました。これは"わたくしの”ものとして伝えられています。元気なものでさえなかなか出来るものではありませんが、病と共に生かされながら丁度100ページにもわたって一冊の書に凝縮されてまとめられ素晴しいことではないでしょうか!勝手な解釈ですが丁度100ページにされているのは人間100歳まで生きてもこの思いは私は変らないそんな意味のあることのように思います。 「常照護」 永続的に瞬時も休むことなく自己はみつめられている-ベットにも念珠と門徒式章で合掌礼拝されている定木さんを思いながらその一部を了解を得て記載させて頂きました。

平成17年5月10日